無料ブログはココログ

« お知らせ | トップページ | お知らせ »

2010年9月25日 (土)

本当に必要なこと

医療費抑制や医療者の労働環境の劣悪さにより、

医療崩壊が起こっていると日常的に報じられる

ようになってどれくらい経ったでしょうか。

国民にもその認識が浸透してきて、医療者への

「同情」も多く見受けれられようになってきました。

しかし、多くの医療者の団体、組織が行うことは

国民へ理解を求める「説得」です。

それは確かに現状を知らせるという段階では必要でしょう。

みんなの医療がこんなことになってしまっていると。

しかし、その段階が終われば

次に「国民から求められる」

必要があるのではないでしょうか。

「良い医療を頼む」「安心、安全を頼む」

「その為にどのくらい負担をすればいいのか教えて欲しい」

こういう声が上がってこそ初めて、医療崩壊を食い止めた

と言えると思います。

みんなのものである医療は国民に求められ、

医療者が出来る能力の限りで発揮し、だれも犠牲に

してはならないはずです。

何かの犠牲の上に成り立つ制度は早晩崩壊します。

ですから、医療者は国民の求めにもっと耳を傾ける

べきだし、国民は医療者の犠牲を他人事と思わないことです。

そういう関係を作り上げるために、医療者と国民は

一緒にすべきことがこれからたくさんあるはずです。

歯科においてもそういう「場」を作ることが

本当に必要なことではないでしょうか。

« お知らせ | トップページ | お知らせ »

コメント

だれも犠牲にしてはならないはず
>>>>>>
 お気持ちはわかります。

 ならば、仮に50人乗りのバスが横転し、相当数の大けがの人間が居たとして__、駆けつけた救急車の搭乗員は、誰から処置をしたら良いでしょう。

  『トリアージ』とは、誰と誰と誰・・・について(その場での単独に近い即決判断で)優先順位を付けていくということです。
  “犠牲”との言葉の定義や捉え方にもよりましょうが___国民一般に向けて、「誰も犠牲にしない」って可能なのかなぁ~。

コメントありがとうございます。
>駆けつけた救急車の搭乗員は、誰から処置をしたら良いでしょう。
さすが、わかりやすい表現ですね。

誰も犠牲を出さないというのは確かに不可能だと思います。ただ、個々にスポットを当てると、トリアージ
なんて出来ないと思えるんですよね。
みんなそれぞれの問題を抱えていて、それをわかって欲しいと思っている。そして自分達が思ってる程、
国民には深刻でないこともあるし逆に自分達が思ってるより国民には深刻な問題な場合もある。
だからそれを知ることが重要なんじゃないかなと思うんです。医療は医療者だけのものではないし、患者さんだけのものでもないのですから。

なんか曖昧な返信でごめんなさい。

 「曖昧な返信」とは思いません。原典における意図からも通ずる、実に真摯で問題の核心を突いたお言葉だと思います。

 私は、法学のサークルで初回に「十人乗りの救命ボート」の喩えと、「我が飢餓乳児の為の粉ミルク窃盗犯」の喩えに触れました。
 その際に、「誰も責めない」「皆が正しい」という綺麗ごとのスタンスに、少なくとも社会制度を語ろうとする者は立ってはいけない__のだ、と感じました。

 罪はあっても、罰を与えない・・・という人の知恵って、こうして出来てきたんですよね。罰を与えないことは当然のヒトの道、そして罪を罪とする処断もひるんではいけない。

http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=4954609&page=2&id=55312544

>>>>>>>>>
 追伸;●私は上記の#27前後で、患者さん個々における「平均的表現の無意味さと危険」を感じました。しかし、医学(広義の歯科医学含む)では「サイエンス」として平均や機序といった取り纏め方はどうしても必要なのです。患者個別性を理由に、医療者はそこから逃げてはいけないと思います。

● 中川米造先生を引用した「丸椅子論による医師父権制排斥」の運動を、私は批判し続けたい。医師(広義)における「判定権」は、患者側からも十分に尊重されることが大切だと思います。

 その意味では、『本当に必要なこと』にて述べられた「国民から求められる」ことが次のステージとして肝心だと思います。

いつも的確かつ、目が覚めるご指摘ありがとうございます。これからもよろしくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166600/36919261

この記事へのトラックバック一覧です: 本当に必要なこと:

« お知らせ | トップページ | お知らせ »

最近のトラックバック

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30